【炎上行為が延焼…】従業員による損害賠償請求物の不適切動画の数々について。

れもんちゃん
こんにちは、れもんです 😀

今回は、今ニュースで最も多く報道されている

不適切動画のお話です。

めろんくん
見ているととても不愉快になるよね。

従業員による不適切動画問題

最近、朝・昼・夜いつ報道番組を観てもメインに

取り上げられている、従業員による不適切動画。

SNSによる“不適切動画”の配信が原因で

謝罪をする企業、さらには法的処置を検討していることを

発表する企業が現れるほどの社会問題になっています。




不適切動画の事例まとめ

そんな問題として取り上げられている動画の内容を

一部紹介します。

◎セブン-イレブン
商品であるおでんの“しらたき”を口に含んでから手に戻し、
さらにはその手で商品であるタバコを触るといった
シーンが動画投稿され、その事について
セブン-イレブン・ジャパンは謝罪メッセージを出した。
従業員は解雇し法的処置を含む処分を検討すると発表。

◎バーミヤン
厨房でアルバイトの賄い調理中(本人の証言)の中華鍋から
上がる炎でタバコに火を付け、喫煙する動画をSNSで投稿し
バーミヤンを展開するすかいらーくホールディングスから
謝罪のメッセージが出された。

◎ファミリーマート
男性店員が友人の購入した(本人の証言)商品を袋に入れる際に
商品のパッケージやペットボトルの飲み口をなめる様子が
撮影され、謝罪メッセージが出された。

このほかにも不適切動画の投稿は様々な企業に広がり、

それぞれ企業側が謝罪メッセージを出す結果に。

立て続けに起こるワケとは

誰があの動画を見て、面白いと思えるのか。

何故同じようなことが繰り返されるのか。

本当に理解に苦しみます。

近年、スマートフォンが普及されSNSが大流行している

今だからこそ起こっている社会問題です。

ガラケーを使用していたWi-Fiの普及もなく、

インターネットに繋げることも難しかった時代では

ありえないことです。

いや、そんな普及がどうとかそんなところじゃないですよ。

こんな動画あげればすぐに問題になる・・なんて

誰がどう考えても分かるはずなんです。

それが楽しいんでしょう。スリルなんでしょう。

今年取り上げられたことが初めてではないですし、

今まで何度かあったのにも関わらず

“企業側の謝罪と従業員の解雇”で済んでいるんです。

刑・民事法的処置という所まで今回はやっと進んでいますが、

そこまでされないと分からない

というのもおかしい話なんですけどね。




許してはいけないSNSによる影響力

今回の不適切動画もそうですが、数週間前にあった

都立高校の生徒が自ら教師に挑発をし、腹を立てた教師が

暴力を振るったところを動画にして投稿したという

事件もInstagram、SNSによるもので

SNSは今最も良い意味でも悪い意味でも

影響力のあるツールです。

私も学生時代、SNSによるトラブルが身近に感じていました。

実際、それが原因で喧嘩や揉め事になったりもしました。

使い方を誤ると自分の人生、他人の人生を180度

変えてしまうので、日頃からそんな意識を持ちながら

InstagramやTwitter、LINEなどのSNSを

使用する必要があります。

これからどんどん時代が流れるにつれて、社会が変化し

次々に新しいものが生み出され、その変化によって

起こる問題もたくさん増えていきます。

逆に言えばどんどん便利に、どんどん楽しめることが

増えているということなので

私も皆さんも、相手の気持ちや自分の未来を考えながら

発展した社会と共存できたらいいなと思っています。

ご視聴ありがとうございました! 😉




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする